相続放棄-手続きをしてその後

相続放棄その後・・・

先月、バタバタした中で、やっとこ裁判所から、相続放棄の手続きが完了し、『相続放棄申述受理証明書』が裁判所から郵送されてきて、これでやっとこ終わりかなと
思っていました。
※『相続放棄申述受理証明書』は、受理しました、謄本というゴム印がおされていて、判事の氏名などが書かれています。

でもふと債務者にはどんな風に知らされるのかな?と思っていたのです。

そこでまた調べることに・・・

そうして判明。
実は、まだまだ終わったわけではなかったのです。

手続きのほかに債務者に送る『受理証明書』というものを別途とる必要があるようです。
裁判所からきた『相続放棄申述受理証明書』を債務者におくるのではないそうです。
※謄本は、私が別途つけた今までの経緯、生い立ち、などなど書いたレポートにでかでかと
 「謄本」と記されているので、あまり債務所には送りたくないと思っていました。

私は、勝手に思い込んでいたのですが、受理されると『官報』にのると思っていました。
実は、『官報』には載らず、債務者は、相続放棄をしたことすら知らないというもの・・・

そこで、『受理証明書』を新たに申請してそれを債務者に送付しなければ、相続放棄をしたことを知らない債務者は、どんどん手続きを進めているそうです。

しかもまた受理した裁判所でしか証明書は発行してくれません。
「えーまた時間をかけて京都まで行くのか」
と思いましたが、証明書は送付でも手続きが出来るというので、早速、裁判所に電話。
※へんなところに税金を使うなら、全国の手続きをオンライン化して、どこでも証明書が取れるような
 システムを作ってほしいです。
 しかも書くフォーマット自体、裁判所ごとに別々で、変なところで特色を出さなくても・・・

申請書をFAXしてもらい内容を書いて送付。
申請書に各内容は・・・

1)現住所、氏名、電話番号、捺印
2)『相続放棄申述受理証明書』に書かれている受理番号を記述
3)印紙(150円)を貼り付ける。
4)返信用の切手と封筒を入れる

申請書を裁判所に送付です。
後は約1週間ぐらいで届くそうです。
届いたら、早速、債務者に送るわけです。
それで本当に完了です。

ちなみに、もし、債務者がターゲットの人が相続放棄したことを調べるには、私が先月やった手続きを同じようにやらなくてはいけないそうです。
故人の生まれてから死ぬまでの戸籍を集めて、最終的な住民票の管轄裁判所に提出して、放棄の事実を調べるようで、時間と手間がえらくかかります。

裁判所は、こんな手続きが必要ですよと親切に教えてくれません。
もう少し、親切にしてもいいように思うのですが・・・




全国約2,000店以上の厳選レストランを「タイムセール」や「一休限定」など充実のプランでお得に予約できるサイトです。


全国約1,400の高級ホテル・旅館、また全国約1,000のワンランク上のビジネスホテルを「タイムセール」や「一休限定」など充実のプランでお得に予約できるサイトです。


一般財団法人 日本コミュニケーショントレーナー
コミュニケーション心理学1級&カウンセラー初級1日講座




アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング【くつろぐ】

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

[ 2008年10月20日 11時10分 ]
法律 相続放棄
| トラックバック(1) | コメント(0) | @


<<ガチャポン「ウルトラマン」 | ホーム | 火を知らないちびすけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバック URL
http://get3858.blog95.fc2.com/tb.php/119-227b2c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
収入印紙・印紙税
収入印紙を始めとした印紙の解説、印紙税、収入印紙の貼付額一覧表など、印紙に関する各種情報
[2008/10/22 18:00] 収入印紙・印紙税ガイド

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。