不思議な話 某ビジネスホテルの部屋

今回は、ちょっと趣向を変えて、私が実際に体験したいくつかの不思議なことをノンフィクションで載せてみようと思います。
別に、心霊スポットとかではなく、私の理解の範囲を超えたものです。

こんなこと書くのも、丁度、この間、会社でそんなことが話題があって、面白いかもと・・・

まず、

1.某ビジネスホテルの部屋(埼玉)
当時、私が埼玉県草加にある、部品工場のシステムを開発していた時のことです。
テスト期間中は、どうしても遅くなるので、ビジネスホテルに宿泊して、そこから現場に向かうようにしていました。
テストは、スケジュールで2週間でしたので、当然、ビジネスホテルにも2週間の滞在予約をして・・・
出張は、私のみです。
テストも順調でしたが、担当者が病気で休む為、スケジュールが伸び、ビジネスホテルにも、追加で、3日間、宿泊が必要となりました。
ビジネスホテルに追加で3日間をお願いしたところ、どうしても、最後の1日が他の予約があるとの事
最後の日だし、泊まらないで、夜中にでも帰ればいいと思って、
「それじゃ、仕方ないね。もういいです」
と言って、ホテルを出ようとした時、後ろの方から、マネージャーらしき人が出てきて、
「お取りできます」
と言うので、夜遅く帰るのもやだなぁと思って、
「じゃお願いします」
と予約を入れました。
  
そして、出張最終日、ビジネスホテルに行って、鍵を受け取り、エレベーターへ・・・
最上階の部屋で、廊下の端から3番目、鍵を開けて、中に入って明かりをつけて、
(ビジネスホテルの明かりって、部屋のある場所に、鍵を入れないと使えないです)
いつのも様に靴を脱いで、靴下になると、下から
「じめぇ~」
という感触。
「はぁ?」
と思って辺りを見渡すと、床が湿地状態で、なんかムシとか居た・・・居たというか2~3匹「パパパパ」と走っていった・・・
また、靴を履きなおして、バスへ、すごく、カビ臭い。というより部屋自体がカビ臭い・・・
「なんじゃぁ」
と思って、そのままフロントへ、
私もえらいけんまくで、フロントの人に抗議すると、
「そんなはずないんですが」とそればっかり・・・
「もういい」と私は、そのまま泊まらずに、怒って帰ってしまいました。
  
帰宅の途中、運転しながら考えたのですが、これっていわゆる、「開かずの部屋?」
他の客室とレイアウト、備品が同じだったから、当然、客室として使用していた部屋。
きっと何か事件があった部屋で、使用していなかったのでは?
  
後日、またそのホテルに泊まる機会があったので、私に勧めたマネージャーらしき人に
聴いて見みたのでしが、「そうでしたっけ?」とか「申し訳ありませんが、よく覚えていなくて・・」ととぼけていました。
私は、絶対、なにかあったのだと今でも確信してます。
  




全国約2,000店以上の厳選レストランを「タイムセール」や「一休限定」など充実のプランでお得に予約できるサイトです。


全国約1,400の高級ホテル・旅館、また全国約1,000のワンランク上のビジネスホテルを「タイムセール」や「一休限定」など充実のプランでお得に予約できるサイトです。


一般財団法人 日本コミュニケーショントレーナー
コミュニケーション心理学1級&カウンセラー初級1日講座




アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング【くつろぐ】

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

[ 2008年08月28日 12時25分 ]
不思議な話
| トラックバック(0) | コメント(0) | @


<<欲と戦うこと | ホーム | 『風と共に去りぬ』・『哀愁』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバック URL
http://get3858.blog95.fc2.com/tb.php/87-05882f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。